Sophiaの韓国よもやま話

ライフワークとしての語学と旅行について書いてみます

大好きだった【ミルキーウェイ】

☆アンニョンハセヨ☆ Sophiaです🌈

 

幼い頃大好きだったお菓子のひとつ【ミルキーウェイ】🌌

超絶甘いこのお菓子の味は忘れられない。

パッケージもネーミングも、そしてその味も明らかに外国のお菓子だが、どうゆうわけなのか、数十年前のSophiaが幼少の頃過ごした田舎でも手に入った。

子どもながらも、この甘いお菓子をたくさん食べるのはいけないことのように思えて、大切に味わいながら食べていた。

 

ミルキーウェイ】への思いは変わることはなかったけれど、これまたどうゆうわけなのか、【ミルキーウェイ】を見かけることが少なくなっていき、やがてSophiaにとって入手困難な伝説のお菓子となっていった。

 

大人になって好きなだけ好きなお菓子を買えるようになっても、残念ながらスーパーで【ミルキーウェイ】に出会える機会はほとんどない、もしくは、全く出会えないというレベルだったと記憶している。ある時期から、輸入されなくなったのか、それともたまたまSophiaだけ出会えない不遇の時代だったのか、それは不明。

 

さて、時は随分流れ行きつけの?成城石井でついに会えました🌌

f:id:sophiasakiko:20200118190802j:image

ミルキーウェイ】=【天の川】

その名前にふさわしい再会。

(多分)変わらない甘さに感動✨

好きなだけ買える大人になったけど、買い占めては他の方にも申し訳ない💦

子どもの頃にはできなかった、大人買い。いつも3つづつくらい買うことにしている。

 

気になってパッケージの裏面を見てみたら、原産国は【オーストラリア】とのこと。子どもながらに感じた外国のお菓子感は、オーストラリアのものだったということだ。

 

懐かしい甘さに幼い頃を思い出す。

ミルキーウェイ】はSophiaにとっては今も特別な存在だ。

 

Thank you for your reading🍀

감사합니다🌸

 

 

 

 

 

 

朝鮮王朝について知る〜韓国ドラマが紡ぐもの〜

☆アンニョンハセヨ☆ Sophiaです🌈

 

帰省するたびに、両親が朝鮮王朝についてやたらと詳しくなっている気がする。

朝鮮王朝の王や世子について誰もが知っていて当然の如く、「思悼世子(サドセジャ)はイ・サンのお父さんやんか」とか言ってくるのだ。

また、イ・サンの祖父は英祖で、それは常識のようだ。

朝鮮王朝についての史実が日常会話レベルにまで落とし込まれている。

 

両親は、テレビで放送される韓国歴史ドラマ(史劇)を見漁っているのだ。

 

一方、Sophiaは学校教科としての歴史にも疎く、韓国ドラマはよく見るが、まともに見た韓国歴史ドラマは【済衆院】くらいだ。歴史ドラマが嫌いとかそういったことはなく、単に現代劇を見るのに忙しく、基本長編である歴史ドラマまで手が回らないのだ。

ちなみに、【済衆院】を見たのも、いつかの帰省時に両親が熱心に見ていたことがきっかけだ。かなり興味深く、その上ペク・ドヤン役のヨン・ジョンフンがとてもかっこよかった😍

そういったわけで、改めて全話見ることにしたのだ。

歴史ドラマといっても【済衆院】は朝鮮王朝末期からのストーリーで、残念ながらこの作品だけでは朝鮮王朝に詳しくはなれない。

 

さて、話を戻して、先述の【思悼世子】について。【思悼世子】といえば【米びつ事件】として知られている(らしい)。時の王である父に米びつに入れられ、餓死した不遇の世子。Sophiaの両親からすれば、【米びつ事件】も当然誰もが知っているはずとの認識のようだが、この【米びつ事件】を扱った映画【王の運命ー歴史を変えた8日間ー】が大変素晴らしかったとのことだ。

米びつに入れられて餓死した不遇な世子がクローズアップされ、米びつ事件についてもよく分かり大変満足したようだった。

滞在中に必ず見るべしと、Sophiaのために録画が残されていた。

半ば強制レベルで促され、特にすることもないので見てみることにしたが、確かに面白い。

これは誰かに薦めたくもなる。

 

ちなみに、母親によれば、韓国ドラマ【イ・サン】も是非見るべしとのこと。

 

韓国歴史ドラマを見る両親。(たまには現代劇も見るらしい)

韓国歴史ドラマを見ることが人生の(唯一と言ってもいいほどの)楽しみらしい。

韓国ドラマ(現代劇)を見る娘。韓国と韓国語がライフワークだ。

不思議なことに、親娘が韓国にはまるきっかけはお互いに全く別のルートからでり、なぜ両親がそこまで韓国歴史ドラマが好きなのかはよく知らない。

ただ、韓国ドラマが、大人になり家を離れて長いSophiaSophiaの両親が心置きなく共に語り合える貴重なテーマであるのは間違いない。

 

韓国ドラマの存在に感謝している。

 

Thank you for your reading🍀

감사합니다🌸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国ドラマ【椿の花咲く頃】동백꽃 빌 무렵 〜個性豊かな普通の人々〜

☆アンニョンハセヨ☆ Sophiaです🌈

 

日々多くのドラマを見る中で、特別な作品に出会ったら、やはり書き残しておきたいと思う。

 

【椿の花咲く頃】は個性豊かな普通の人々の物語だ。

人が人と響き合って、よりよく生きられるよう変わっていく過程とその瞬間が清々しい。

この作品の主人公はドンベクとヨンシクだけど、そのほかの登場人物の描写も丁寧で、キャラクターも魅力的。「すべてのひとにとって、自分の人生の主人公は自分なのだ」とあらためて感じさせくれる。

 

【椿の花咲く頃】동백꽃 빌 무렵

ぜひお勧めしたい極上の韓国ドラマだ。

 

 

Thank you for your reading🍀

감사합니다🌸

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国のお土産もらったよ☆ その5

☆アンニョンハセヨ☆ Sophiaです🌈

 

韓国のお土産頂きました🤗

 

f:id:sophiasakiko:20191222220842j:image

 

お菓子の中にETUDE HOUSEのスクラブが!

「スクラブだよ」って頂いたときに教えてもらったので(その上、スクラブに日本語で使い方をメモまで貼ってくれてました😀)大丈夫だけど、聞いてなかったら、一緒にお菓子箱に入れることろでした💦

 

ピンクのパッケージのはワッフルなんだって👍

 

잘 먹겠습니다😋

어, 잘 쓸게요〜😚

 

Thank you for your reading🍀

안녕히 주무세요🌙

 

 

 

 

韓国ドラマ頻出の検察と検事たちの活躍に思う

☆アンニョンハセヨ☆ Sophiaです🌈

 

韓国ドラマといえば泥沼復讐劇に少女漫画的恋愛もの。ひと昔前だと【冬のソナタ】に代表されるような純愛ものが韓国ドラマの代名詞だ。

韓国ドラマの王道からは少し逸れるが、いわゆる刑事ドラマに代表されるような、犯罪を扱う作品も見応えがある。

韓国ドラマの基本的に1話の時間も全体の話数も多いという特性が、犯罪がテーマの作品にはとくに活かされている。さまざまな伏線とその回収を惜しみ無く詰め込むことができるからだ。

 

さて、その犯罪ものについて。

犯罪を扱うのであれば、刑事、もしくは弁護士の活躍する作品をイメージしがちだが、韓国ドラマでは検察が舞台になった作品、もしくは主人公や主要な登場人物が検察官(検事)である作品にたびたび出会う。その頻度が日本のドラマと比較すると格段に高い(ように思われる)。統計を取ったわけでもないので、体感として。

検察組織自体がテーマであった作品としては、【秘密の森】は記憶に新しく、その他【傲慢と偏見】【魔女の法廷】も検察が舞台だ。

【あなたが眠っている間に】【被告人】は主人公が検事であったし、【グッドワイフ】は主人公は弁護士だが、その夫が検事で、物語も検察組織が重要なキーになっていた。

そういえば(見てないけれど)【検事プリンセス】【ヴァンパイア検事】というドラマもあった!

 

黒地にえんじ色のラインが入った韓国の法服ももう見慣れたものだ。

 

しかしながら【秘密の森】【傲慢と偏見】や【グッドワイフ】を見るにつけ(どれも見応えがありぜひお勧めしたいドラマだが)、検察とは一体全体どんな恐ろしい組織なんだーと思わざるを得ないところがある。権力と金は結びつきやすく、腐敗の象徴のようだ。その中であるべき正義を実現しようとすることがなんと難しいことなのか。命がけなのだ。

韓国に暮らしたことがなく、外国人の立場から、韓国ドラマを通して知る韓国というものもあるが、さすがに、これはフィクションだろうし、そうあってほしい。

それでも基本的には、その腐敗に立ち向かっていく人々のストーリーなわけで、希望がある。

 

日本での暮らしのなか、「検察官です」という人に出会ったこともないし、「家族や友人が検察で働いてます」といった言葉を聞いたこともない。

そういえば、8年前セブ島に留学していたとき、同じ授業を受けた韓国人の方が「息子は検事なんだ」と自慢気に話していたことを思い出す。英語での会話なので、何をもって、当時息子が【検事】と理解したのか今となっては不明だが(現在検事を指す英単語が分からないので)、その時も「マジか!スゲー!めちゃくちゃエリートやん」的に心が乱れた気がする。

とりあえずは、検察について、エリートというイメージは持っていたらしい。

当時はまだ、韓国についてよく知らず、韓国語ももちろん分からないし、韓国ドラマも見ていなかった。

今となっては、韓国の社会についても少し理解を深め、ドラマで韓国の【検察】についてよくよく知り(知ったつもり)、息子が検事であることが、どれほど親にとって誇らしいことだろうかと想像することができる。

ただ、腐敗した組織の中で命をかけて正義を全うしようとする主人公たちの姿が時にチラついて、心配にもなるが、あれはフィクションだと信じようと思う。

 

そんなわけで、先日韓国で検察の建物を見た時には、ドラマの世界へ迷い込んだような不思議な気分なったのだ。

 

 

sophiasakiko.hatenablog.com

  

 

さて、このように現実社会ではめったにお目にかかることもない検事さんたちに検察の世界。しかしながら、ドラマでのあまりの活躍ぶりに、うっかり身近な職業のように思えて、もしも10代で韓国ドラマに出会っていたなら、「将来は検事になりたい」

と言いすところであった🤔

 

Thank you for your reading🍀

감사합니다🌸

 

 

 

 

 

 

 

 

済州島あれこれ 済州島のマグネットを買ったよ☆

☆アンニョンハセヨ☆ Sophiaです🌈

 

 

旅に出たら、買わずにはいられない、マグネット。

冷蔵庫がマグネットだらけになって、かなり手放したけれど、それでもまだ集めています。

 

 

sophiasakiko.hatenablog.com

 

 

 

済州島のマグネットはこちら。

f:id:sophiasakiko:20191211215521j:image

 

白地に済州の観光マップが可愛くてお気に入りです☆

 

Thank you for your reading🍀

감사합니다🌸

済州島あれこれ スーツケースじゃなくて後悔したよ

☆アンニョンハセヨ☆ Sophiaです🌈

 

今回の済州島の旅は2泊3日なので思い切って、トートバッグでやって来ました。

 

それなのに、かなりの重量物を購入してしまい…

f:id:sophiasakiko:20191210194849j:image

TONY MOLY

セール価格でした💦

お得感でつい。

これを買ったのに、まだISA KNOXを買うという…

f:id:sophiasakiko:20191210195132j:image

sophiasakiko.hatenablog.com

 

その上シャンプーまで…

f:id:sophiasakiko:20191210195509j:image

 

sophiasakiko.hatenablog.com

 

化粧品少々と、シャンプーは想定内だったんですが、いくらなんでも手で持つには重すぎます。だけど持つしかないのです😭

スーツケースなぜ来なかったのか😰

 

備えあれば憂いなしということで、今後は必ずスーツケースで渡韓すると心に決めて、なんとか帰路に就きました🛫

 

Thank you for your reading🍀

감사합니다🌸